2011年07月26日

旧態依然の根性論ではダメ

 昨夜のNHKニュースでなでしこJAPANの逆境の努力が金メダルをと、放送していたが、既成概念と先入観で制作者が勝手にそう思っているだけだ。彼女らは努力なんて思っていない。サッカーがなによりも好きなだけだ。世の中努力をすれば報われると思われがちだが、努力だと思っているうちは一流になれない。
 イチローや松井がアメリカで活躍しているのも努力したからではなく、野球が何よりも誰よりも好きだからだ。
 それはスポーツだけではなく、全ての事に言えること。本田宗一郎が寝る間を惜しんで、食事の時間も研究開発に望んでいたとか、他人から見れば努力に見えるのかも知れないが、本人は機械いじりが何よりも好きなだけだった。
 それをしているときが何よりも楽しく充実した時間だっただけだ。
 本当に好きなのなら、逆境とか貧乏とか努力とか、なんとも思わないくらいでないと匠にはなれない。
posted by LINHOF at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46962958
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック